国際税務.com » Q&A

Q&A

Q中小企業でも国際税務についての検討は必要ですか?
A
近年、中小企業が海外進出する機会が増えています。海外進出にあたっては、源泉課税・租税条約・タックスヘイブン対策税制・移転価格税制等様々な国際税務に関する検討が必要になります。海外進出をご検討されている場合には、例え中小企業であっても国際税務の検討は不可欠となります。

Q

中小企業でも国際税務についての検討は必要ですか?

A
近年、中小企業が海外進出する機会が増えています。海外進出にあたっては、源泉課税・租税条約・タックスヘイブン対策税制・移転価格税制等様々な国際税務に関する検討が必要になります。海外進出をご検討されている場合には、例え中小企業であっても国際税務の検討は不可欠となります。
Q

汐留パートナーズが提供する国際税務サービスを契約しているのはどのような規模の会社ですか?

A
中小企業から上場会社まで幅広い会社様とご契約させて頂いております。
Q

昔からお付き合いのある税理士さんがいらっしゃるのですが、汐留パートナーズとセカンドオピニオン契約をして、国際税務のアドバイスだけを受けることは可能ですか?

A
セカンドオピニオンとして国際税務のサービスだけをご提供させて頂くことも可能です。
Q

国際税務の事案について具体的にはどのように相談させていただければよろしいでしょうか?

A
まずはお電話にてご相談ください。ご相談内容に応じて専門スタッフがご対応させて頂きます。また、英語・中国語(北京語・広東語)・ポルトガル語を話せるスタッフもおりますので、日本語があまり得意でない方も、お気軽にお電話ください。
Q

国際税務サービスの汐留パートナーズの料金を教えてください。

A
サービス内容によって料金体系が異なります。 各種サービスの料金体系は、弊社・HPにも載せておりますが、お電話でご相談頂ければ専門スタッフがご案内させて頂きます。
Q

税務調査の対応についてもお任せできるのでしょうか?

A
もちろんです。税務調査のサポートもお任せ下さい。
状況によっては、弊社提携先の移転価格専門税理士等と連携を取ってサポートさせて頂く場合もございます。
Q

英語や中国語で、直接、親会社や子会社の担当者や会計事務所とやり取りをお願いすることはできますか?

A
弊社には、英語・中国語・ポルトガル語を話せるスタッフがおりますので、直接のご対応のサービスももちろん大丈夫です。
Q

香港法人やシンガポール法人を利用した節税対策について教えてください。

A
主にタックスヘイブン対策税制と移転価格税制という日本の税法による規制がありますので、十分に検討を行った上で実行する必要があります。節税ありきという形は難しいですが、グローバル展開の中で結果としてタックスメリットを享受できるような事業戦略策定を、国際税務に精通した弊社税理士を中心にお手伝いさせて頂きます。

お問い合わせ

お電話で03-6228-5505メールフォームでこちらから
「国際税務.comを見た」と
仰っていただけますと、スムーズです