国際税務.com » 国際相続サービス

国際相続

1.国際相続とは


国際相続とは、相続人又は被相続人が海外に居住しており、相続財産の全部又は一部が海外に存する場合の相続をいい、「渉外相続」とも呼ばれます。国際相続では、被相続人の国籍がある国の法律(本国法)が適用されます。これは、国際私法である「法の適用に関する法律」(通則法)の36条で、「相続は被相続人の本国法による」と定められています。
国際相続の形式は2種類あります。一つは「相続統一主義」で、これは相続される財産の種類や所在にかかわらず、全ての相続関係を被相続人の本国法によって定めるものです。主にドイツやイタリア、北欧諸国で採用されています。もう一つは「相続分割主義」です。これは、相続される財産を動産(預金や株式など)と不動産(土地や建物)に分類し、前者を被相続人の本国法で処理し、後者をそれらが存する国の法律(準拠法)によって処理するというものです。主にアメリカとイギリスで採用されています。
国際相続が複雑になってしまう理由は、被相続人の財産の種類やその所在によって複数の国の相続に関する私法が適用されるために、相続財産の処理が非常に煩雑になるためです。

2.国際相続の背景

国際相続の問題が取り上げられるようになった背景には2つの理由があります。1つ目は、海外に在留している邦人および日本に居住している外国人の数が増え続けている現状があります。2つ目は、個人投資家による為替取引が全世界的に行われており、国内外を問わないグローバルな資金移動が促進されているため、国外財産を所有する人々が増えていることが挙げられます。
そのため、海外に存する被相続人の財産の処理や煩雑な相続手続きの問題がクローズアップされるようになり、国際相続の問題が取り沙汰されるようになりました。
近年では国税庁が海外の財産調査を強化しています。上記のように国外財産を保有する方が増加しているので、国税庁も目を光らせています。被相続人が、家族の知らない間に海外に財産を保有しているケースも少なくありません。海外に財産があることを知らなかったと言っても相続税を見逃してはくれないので、海外に財産がある場合には十分に注意が必要です。

3.近年の国際相続の事例

父親は在日韓国人で母親が日本人、子供2人は日本国籍です。先日この家族に不幸があり、父親が亡くなりました。父親には自分名義の不動産が本国と日本にあります。この場合、相続はどうなるでしょうか。また、父親が在日アメリカ人(出身地:ニューヨーク州)で父親名義の不動産が本国(ニューヨーク州)と日本にある場合はどうなるでしょうか。

Answer
在日外国人の方が亡くなられた場合、相続人は財産を相続するにあたり、「どの国の法律が適用されるのか」ということをしっかりと確認しなければなりません。「法の適用に関する法律」(通則法)の36条によると、相続にあたり適用される私法は、亡くなった在日外国人の方が有する国籍の国(本国)の法律となっています。
そのためこの場合、亡くなった父親が所有していた不動産に関する相続については、不動産の所在地法が適用されることになり、韓国にある不動産は韓国法にしたがって相続され、日本にある不動産は日本民法にしたがって相続されます。同様に、父親が在日アメリカ人であった場合も、ニューヨークにある不動産はニューヨーク州法にしたがって相続され、日本にある不動産は日本民法にしたがって相続されることになります。

4.汐留パートナーズサービス内容

ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、そして最近ではアジア各国に残された遺産を相続又は遺贈する場合に、自力で手続きをするのは困難です。
・英文や法律の用語を知っていないと意味が分からなくなってしまう。
・手続きが日本とは異なり、とても複雑になっている。
・日本と海外両方の相続税等の法律に通じている必要がある。
これらの手続き等を一般の方が行うには相当な手間と時間がかかってしまいます。
ところが、日本国内には上記の条件を兼備えている専門家が多くなく探すのも困難な状況になっているのが現状です。しかし、汐留パートナーズには語学が堪能なスタッフと相続税の申告件数が豊富なスタッフがおりますので、全世界のネットワークを駆使し現地の専門家と連携し、相続手続きを行うことが可能です。

5.国際相続サポートの体制

外国語でのご対応等
汐留パートナーズには英語をはじめ中国語、ポルトガル語などの各国の言語に対応することができるスタッフが在籍しております。また、香港・上海・シンガポール・デリーに拠点がありますので、現地のスタッフと連携して海外資産(遺産)の相続手続きを全面的に代行させていただきます。

経験豊富なスタッフ等
汐留パートナーズには相続申告件数が豊富なスタッフと語学が堪能なスタッフが多数在籍しておりますので、どのような国の相続財産のお手続きでもご対応が可能になります。また、経験豊かな弁護士も多数在籍しておりますので、色々な角度からのご支援が可能になります。

6.豆知識

相続人の国籍や住所がどこにあるかによって課税される財産が変わってきます。

(1)相続人の住所が日本国内にある場合
相続人の住所が日本にある場合には、日本国内にある国内財産と海外にある国外財産の両方が相続税の対象になります。
(2)相続人の住所が日本にないが、日本国籍がある場合
相続人又は被相続人が相続開始前に5年を超えて日本国内に住所を有しない場合には国外財産については相続税の対象になりません。ただし、日本国内にある財産については、相続税の対象になります。
また、5年以内に日本国内に住所を有する場合には、国外財産と国内財産の両方が相続税の対象になります。
(3)相続人の住所が日本になく、かつ、日本国籍もない場合
相続人の住所が日本になく、日本国籍もない方が国外財産を取得した場合には相続税の対象になりません。ただし、日本国内にある財産については、相続税の対象になります。

7.国際相続サービスの料金

国際相続サービスの料金は以下となります。

相続税の申告報酬は、基本報酬+加算報酬+その他報酬が総額となります。
【相談料】

報酬料金 備考
1時間:1万円 ご依頼が前提の場合は無料

【相続税申告報酬料金】

遺産総額 報酬料金
~1億円 50万円
1億円~2億円 90万円
2億円~3億円 120万円
3億円~4億円 150万円
4億円~5億円 180万円
以下1億円増すごとに 30万円追加

【加算報酬】

内容 報酬料金
土地の評価(1利用区分につき) 5万円
非上場株式の評価(1社につき) 15万円

・遺産総額とは、全遺産の評価額の合計額を指し、小規模宅地の特例、農地等に係る納税猶予の特例、生命保険、退職金の非課税等の規定の適用前の金額とします。
・消費税は別途必要となります。
・登記簿謄本取得などにかかる手数料や交通費等の実費は別途かかります。
・特殊事情により作業量が膨大になる場合に別途報酬が必要となる場合があります。
・遺産分割につき相続人の間で争いがある場合は別途報酬を頂く場合があります。

【その他報酬】
遺産分割協議書を作成するための弁護士報酬
相続関係説明図作成のための司法書士報酬
各種書類(戸籍謄本、登記簿謄本、測量図等)を取得するための登録免許税、司法書士報酬
海外の書類を翻訳するための翻訳報酬
海外提携先へ特別に委託する業務報酬
各種登記を行う際の登録免許税、司法書士報酬
土地の評価について不動産鑑定士による評価が必要となった場合の不動産鑑定士報酬
延納、物納を行う場合の報酬
税務調査への対応を行う場合の報酬
準確定申告を行う場合の報酬

お問い合わせ

お電話で03-6228-5505メールフォームでこちらから
「国際税務.comを見た」と
仰っていただけますと、スムーズです
国際税務・海外税務については汐留パートナーズにお任せ下さい。
汐留パートナーズグループ
  • 汐留パートナーズグループ
  • 汐留パートナーズ税理士法人
  • 汐留パートナーズ法律事務所
  • 汐留社会保険労務士法人
  • 汐留行政書士法人
  • 汐留司法書士事務所
  • 汐留海事法務事務所
  • 汐留特許商標事務所
  • CEOブログ
  • 汐留パートナーズ税理士法人スタッフのブログ
  • 汐留社会保険労務士事務所スタッフのブログ
  • 汐留司法書士事務所 所長ブログ&コラム
  • 代表弁理士 林裕己 所長ブログ&ニュース
関連サービス
  • 節税対策.com
  • 年末調整.com
  • 外国人会社設立.com
  • 日本進出支援.com
  • 香港会社設立なら香港進出支援.com
  • シンガポール進出支援.com
  • インド進出支援.com
  • ハワイ進出支援.com
その他関連サイト
  • 汐留カフェ&ダイナー em
  • 東京汐留相続サポートセンター
  • Amazon Service Provider
  • One-stop Outsourced Accounting & Law office
  • 納税管理人・出国税のことなら汐留パートナーズ税理士法人
  • 法人保険・節税対策のことなら株式会社汐留総合研究所
  • 芸能人・スポーツ選手の為のプライベート税務顧問サービス
  • 汐留米国公認会計士事務所

汐留パートナーズ税理士法人
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら